時の名邸とは

遠く奈良時代の頃から、歴史にその名を刻し、由緒ある大門通りと市川手児奈通りを中心に古くから栄えてきた市川一丁目。

その中でも「ウィルローズ市川一丁目」が位置する真間銀座通り周辺には、昔ながらの店舗や住宅、老舗料亭が点在し、栄華をきわめる街の風格が今も残されています。

その歴史にふさわしい邸宅としての門構えを創り、上質な趣きをそなえたファサードデザインは、「時」を重ねるとともに、美しい成熟を見せることでしょう。最寄り駅まで1分というロケーションが、暮らしの利便性を身近なものにし、ゆとりの「時」をもたらします。
さらに、こだわりのプランニングが 家族との絆をより深める「時」を創出。美しきレジデンス“時の名邸”がここに誕生します。

継承される設(しつら)えウィルローズ市川一丁目 建築コンセプト

四季建築設計事務所 チーフディレクター
一級建築士 小磯周之

万葉集にも謳われている「市川」は、歴史深い江戸近郊の都市。
その古くから続く趣(おもむき)を格調高く、現代の要素を交えて、新しい市川の歴史を作るような品の良さを感じる建物作りを目指し、真間銀座通りに相応しい「邸宅」としての「門構え」をきちんと作るところから始めました。基壇となる足元・低層部分は重厚な上質感を、そして、上部に向かうほどモダンな上質感へ。
道路に行き交う人々からも目に入り、この建物の歴史深き土地柄を継承する、上質で趣ある「和」の設えをもって、体現・認識できるような空間づくりを目指しました。

シンボリックな光のラインへと続く格子、レザーブラック・レザーフィニッシュ仕上げの艶やかさと陰影の両方の要素を持つ黒御影など素材にもこだわり、
エントランスからエレベーターホールへと続く空間にも趣ある「和」の設えを繋げています。

「快適・安心の角住戸プランニング」

全61邸中48邸の角住戸。
物件北東側は住居エリアが広がっており、陽光と爽風の心地良さに加え、開放的な眺望が魅力です。

【2階平面図イラスト】※計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは異なる場合があります。

ウィルローズ×四季建築設計事務所、その特徴あるコラボレーションの軌跡

ウィルローズ横濱南太田竣工 平成25年

(一社)全国住宅産業協会 第4回優良事業賞受賞(平成26年) 不動産学会 田中啓一賞 受賞(平成26年)

「想像を超える満足」を事業コンセプトとし、「横濱クラシック」をデザインテーマに、新しい街並みに古き良き建築が多く残る横濱らしさを外観デザインに表現しました。リビングの延長のバルコニー部分をサンルームとして、周辺建物との緩衝帯を兼ねたプラスαの空間として付加価値をつけました。

ウィルローズ日本橋蛎殻町竣工 平成27年

(一社)全国住宅産業協会 第6回優良事業賞受賞(平成28年)

蔵造りの街並を連想させるモノトーンの配色をベースにした大胆なファサードは、日本橋という立地にふさわしい高級感漂う設計。江戸琳派の創始的絵師、酒井抱一ゆかりの地である日本橋蛎殻町に、琳派の思想「伝統と清新」をコンセプトに、エントランスや共用部には伝統工芸を数多く取り入れ、職人の手仕事を現代風に表現しました。

ウィルローズ市川竣工 平成26年

低層住宅に隣接した市川北口エリア、閑静な住宅街。その静寂にアクセントをあたえる新しい景観を目指しました。由緒ある歴史と、風光明媚な舞台。その悠久の時を受け継ぐ美意識を映し出すために、外観には景観と調和するやさしい色合いを採用し、エントランスの両サイドには美しい植栽を施し、上質感という贅沢を現代の感性で表現しました。

※掲載の完成予想CGは、計画段階の図面を基に描いたもので、外観・外構・植栽等は実際とは異なる場合があります。

Get the latest

ウィルローズ市川一丁目の
最新情報をいち早くお届け致します。

  • 資料請求
  • 来場予約
  • Back
  • Global L-Seed Gallery
  • OWNERS INTERVIEW
  • クオリティサイン
  • Willsore style

THEグローバル社グループ


  • ウィルローズ市川一丁目 | JR総武本線「市川」駅北口 徒歩約5分、京成本線「市川真間」駅南口 徒歩約1分
  • Copyright©THE Global L−Seed. All rights reserved

PAGE TOP